講義詳細

冨永 望

理工学部 物理学科 教授
冨永 望
(とみなが のぞむ)

  • 満席
  • 時間13:00~14:30
“時空のさざなみ”重力波天文学の世界へ
重力波は、重力による空間の歪みが光速で伝わる現象、例えるなら”時空のさざなみ”です。 人類は長らくこの現象の直接観測を目指してきました。2015年アメリカの重力波望遠鏡が遂にブラックホール合体からの重力波直接検出に初めて成功しました。さらに、2017年には中性子星合体からの重力波が検出され、そこでランタノイドと呼ばれる金やプラチナのように重い元素が合成されていることが明らかとなりました。この2015年から2017年にかけて誕生した新しい天文学「重力波天文学」についてお話しします。

甲南大学

甲南大学は神戸市東灘区六甲山の南麓に位置する、8学部4研究科1専門職大学院を擁する総合大学であり、2019年には創立100周年を迎えます。文部大臣も務めた創立者 平生釟三郎が主唱した「人格の修養と健康の増進を重んじ、個性を尊重し、各人の天賦の特性を伸張させる」という建学の理念に基づき人物重視の教育を実践しつつ、次なる100年に向けて新たな挑戦を続けております。

ホームページ:http://www.konan-u.ac.jp/